ニュージーランドロングステイ情報センター
ロングステイ概要 現地情報 サポート情報 問合せ・申込み 会社概要
現地でのサポート
サポート内容と料金
現地日本人プロサポート
オプション内容と料金
日本でのサポート
団体さまへのサポート
準備リスト
バリアフリー

ニュージーランドでのロングステイはもちろん下見旅行、フリー旅行、ビジネス旅行にぴったりな宿泊施設
HOMEへ戻る

サイト内を検索

WWW を検索

HOMEサポート情報:日本でのサポート > 輸送
日本でのサポート
■輸送
初めての海外での長期滞在となる場合、準備する荷物の加減がわからず、戸惑うことがあるかも知れません。さらに、個人の手荷物として飛行機で持ち込む際には、重量やサイズ、持ち込み禁止の物、持ち込みに申請の必要な物などの規定があるため、持参する荷物の選定には多くの方が頭を悩ませます。

そこで、日本より輸送をお考えになる方もいらっしゃるかと思いますが、その際、選択肢は郵便局から小包として送るか、もしくは運送会社の輸送サービスを利用することとなると思います。郵便局から送ると、料金は「重量によって加算」され、郵送にかかる日数は航空便で約1週間〜10日となります。
運送会社の輸送サービスを利用される場合の料金や日数は各社輸送により異なりますので、各社へお問い合わせください。また、1立方メートルいくらといったように、重量ではなくサイズによって料金計算する輸送方法もありますが、かかる費用と日数、関税、別送品の申告などの手間を考えますと、移住など年単位での滞在予定でない限り、現地での代用品購入と比較して、結果として割高になることが多いと思います。特に、1〜2ヶ月程度までの滞在で、現地での宿泊先がモーテルやコンドミニアムなどの設備の整った宿泊施設である方の場合には、おそらくご持参される荷物の大半が衣類になり、充分持ち込める範囲内で収まるため、輸送のメリットは少ないと思います。

そのため当社では、そのような方には、基本的にはご自身の手荷物として持ち込める範囲内の荷物での渡航をおすすめしています。ニュージーランドは先進国です。400万人もの人が不自由なく生活しています。たいていの物は現地で手に入れられますので、ご安心ください。

もし、毎年決まった時期のニュージーランドでの滞在をお考えの方や住宅購入などをお考えの方で海外引越となる場合や、手荷物では運びきれずに輸送をご希望の方の場合は、別途個別にご相談させていただきます。お気軽にお問い合わせください。当社提携ニュージーランド日本通運(株)との連携により、最適な方法をご提案させていただきます。

※手荷物の重量やサイズ、持ち込み禁止の物、持ち込みに申請の必要な物などの詳細は「よくある質問ー日本での準備について」をご参照ください。
 
サイトマップ

ニュージーランドロングステイ情報センター/EX Company Limited
<オークランド> 1/41 Victoria Street West, City, Auckland New Zealand Tel: +64-9-366-1723
<クライストチャーチ> 1E, 137 Hereford Street City Christchurch Tel: -64-3-379-5932
Copyright (C) 2005 EX Company Limited. All rights reserved.