ニュージーランドロングステイ情報センター
ロングステイ概要 現地情報 サポート情報 問合せ・申込み 会社概要
現地での生活
地域情報
NZ基本情報
観光について
宿泊について
ショッピングについて
グルメ&ナイト
スポーツ&レジャー
美容&リラクゼーション
病院について
スクール&サークル
現地の人との交流
イベントカレンダー
ビジターセンター
保険について
ビザについて
生活費について
習慣・文化の違い
お役立ちリンク集

ニュージーランドでのロングステイはもちろん下見旅行、フリー旅行、ビジネス旅行にぴったりな宿泊施設
HOMEへ戻る

サイト内を検索

WWW を検索

HOME > 現地情報:ビザについて
ビザについて
ロングステイを希望される方のビザは通常、「観光ビザ」となります。
観光ビザは日本国籍の方の場合、日本での申請の必要はありません。滞在予定日数プラス3ヶ月以上の残存有効期限があるパスポートと、日本帰国のための航空券を持っていれば、ニュージーランド入国時に3ヶ月有効の観光ビザスタンプが自動的にパスポートに押されます。

3ヶ月終了前に、現地ニュージーランドの入国管理局(イミグレーション)でさらに6ヶ月の延長ができます。これにより、最初の3ヶ月を合わせて、合計最長9ヶ月まで延長できることとなります。

観光ビザの現地での延長方法

入国後の延長:延長を希望する場合は以下の書類をお近くの入国管理局へ申請する必要があります。また、申請料も必要となります。
・申請用紙
・残高証明書(1ヶ月に付き約1,000ドル相当)
・胸部レントゲン写真(6ヵ月以上延長の方のみ)

※長い延長をご希望の方は延長理由の説明を求められる事もあります。

※ニュージーランドでは観光ビザ使用の訪問者として滞在できる期間が、18ヶ月以内に合計9ヶ月までとなります。つまり、9ヶ月滞在してしまうと、その後9ヶ月は入国できないので、くれぐれもご注意ください。

ビザ ワンポイントアドバイス
・観光ビザでの入国は、入国審査表の「観光」に必ず印をつけましょう。
・入国の際には、日本帰国のための航空券が必要です(日本で往復航空券を購入ください)
・入国の際の税関の審査は、たばこ200本、お酒1.125リットルまでが免税範囲です。
・肉類、生もの、果物、蜂蜜は持ち込めません。
・申告漏れがある際には、その場で200ドルの罰金、または重大な罰の場合は10万ドルの罰金か5年までの投獄が科せられます。
 
サイトマップ

ニュージーランドロングステイ情報センター/EX Company Limited
<オークランド> Level 2, 63 Albsert St, City, Auckland Tel: 09-366-1723
<クライストチャーチ> 212A Blenheim Rd Riccarton Christchurch Tel: 03-343-4261
Copyright (C) 2005 EX Company Limited. All rights reserved.